戸塚ヨットスクール事件と教育哲学 その6
 そのあたりはマスコミも薄々承知とみえて、出所後の戸塚氏は、立て続けにいくつかのワイドショー番組に出演した。が、「体罰は教育です」という会見での一言ばかりがクローズアップされた結果、議論は学校や家庭における体罰の是非という一般論に拡散してしまい、今のところほとんど実りのあるものになっていない。ヨットスクールにおける体罰がそれらと同列に論じられるものでないことについては、最早説明の要はないであろう。
 そもそも、これまた大きく誤解されていることなのだが、ヨットスクールは体罰そのものによって子供を直そうとしているわけではなく、基本はあくまでもヨットやウインドサーフィンによるトレーニングなのである。あるいは、主役となるのは海という大自然の力だ、と言っても良いかもしれない。
<3万人のための情報誌「選択6月号」から抜粋>